やっちゃいけないこと

おうちに来てから3日ほど。
そろそろ抱っこしてみようかと。

今までも、お掃除時にケージに手を入れてもそんなに怖がらず、
手の匂いを嗅いで離れる、みたいな感じだったので。

抱っこしようと触ると、ちょっと逃げたけど、
下からそっとすくい上げ、左手をうさぎの前足の下に、
右手はお尻と後ろ足を支えるという、うさぎの基本の持ち方をすると、暴れずおとなしい。

ペットショップで初めて触った時も、触ってる間は大人しい子だったので、
本当に物怖じしない性格なのかも。

とりあえず椅子に座って、ふとももの間にうさぎを置き、なでなで。
もふもふすぎる笑

体育すわりのように自分の足を立てて、うさぎの背中を自分の足に当てて見ると(うさぎがひっくり返った体勢)、
とろ〜んと、写真のようにさらに大人しく今にも寝ちゃいそう。

うわ・・・可愛い。

で、お触りタイム初回なので、トータル5分くらいでケージに戻す。

このひっくり返った時の恍惚とした表情って何だろうな・・・と思い、
そのあとネットで調べて見ると・・・

実は、この体勢はうさぎに非常に負担をかけるから、やっちゃいけないことらしい・・・。
本来はうさぎの背骨はカーブになっているので、ひっくり返すとそれを伸ばすことになってしまうのと、重力で内臓が下にいって負担になるとのこと。
気持ち良さそうな表情になるのは、気絶に近いようなものなんだと。

うさぎを仰向けにしてる動画もあるけど、これは体調チェックとか最低限の時だけにして、可愛いからといってむやみにやってはだめ。

すぐ調べてよかった・・・



 ← BLOG : TOP